毎月のガス料金が安くなる方法

ガス料金は利用量だけでなく、その単価を左右する契約相手によって、毎月の料金が高いままか安くなるかが決まります。

一般的に、都市ガスに対してプロパンガスは単価が高めですから、ガス料金を低く抑えたい場合には不向きです。しかし、プロパンガスは自由に契約相手を選べるので、単価の安い他の供給業者を選べば安くなるわけです。管理者が契約者を選ぶマンションだと難しいですが、戸建てであればガス料金の安くなる供給業者を、消費者自身で比較検討できます。ガス料金が安くなるもう1つの方法としては、自由化によって選択肢が増えた都市ガスがあります。

従来の都市ガスは、地域によって供給業者が決まっていましたが、2017年からは消費者が自分で選べるようになっています。これは、地域のガス会社が独占している状況を受け、政府が経済の競争を促進する為に、都市ガスの自由化を推進したのが実現の切っ掛けです。今までは自動的に割り振られる形だったので、いざ好きに選んで良いと言われても困りますが、このおかげでお得なガス会社を選ぶことが可能です。プロパンガスは自由化の対象外ですが、元々供給業者の選択は自由だったことから、ようやく都市ガスと差が縮まったといえます。

ガス料金が安くなる条件は、やはり消費者が選択できる範囲内でお得な単価の供給業者を厳選して選び、契約を変更することがポイントです。プロパンガスと都市ガスで比較すると、後者の方が単価は低い傾向ですから、選べるなら都市ガスを選択した上で、よりお得な業者を絞り込むのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *