ガス料金はいまよりも安くなるかもしれない

一般的に使用されているガスには都市ガスとプロパンガスがあります。

それぞれ成分や原料がちがい、都市ガスはメタンが主成分で液化天然ガスが、プロパンガスはプロパンやブタンが主成分で液化石油ガスが原料です。輸入国も違い都市ガスはオーストラリアやカタール、プロパンガスは中東諸国やアメリカになります。供給方法や発熱量も違い、都市ガスは水道のようにガスの導管を通じて契約者に供給されるのに対し、プロパンガスはボンベに充填して届けられます。

都市ガスはガス管の敷設費用がかかることから人口がある程度集まっているところで、それ以外はプロバンガスが使用されています。発熱量はプロパンガスの方が高く、使用するガス器具もことなってきます。この二つはガス料金も異なり、都市ガスが安くプロパンガスの方が高いのが一般的です。理由は都市ガスは現在は自由料金ですが、少し前まで公共料金だったためです。これに対しプロパンガスはもともと自由料金で、販売店が料金を設定できるため高くなりがちです。

ですが現在は両方とも自由料金なので、消費者がどの会社や販売店と契約するかによってガス料金が安くなる可能性があります。先に説明しましたが、都市ガスかプロパンガスかは居住するエリアによって決まってきますので、自分が使用しているガスの種類によってより安く契約できる会社や販売店を探すことです。

都市ガスは自由化されても当初、あまり新規参入はありませんでしたが、最近は増えてきているのでホームページなどにあるガスプランを比較すれば安くなる可能性があります。プロパンガスも同じで、自分が契約している販売店以外からも見積もりをとり比較することで現在よりもガス料金が安くなるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *