ガス料金の適正価格はどれくらいか一考する

日常生活を送る上で必ず必要な光熱費は毎月ある程度決まっていますが、冬場のガス料金は非常に高いと感じている方は多いはずです。

冬場は水道水の水が冷たく、これを風呂やシャワーで使うための適温にするのに高いエネルギーが必要になるからです。ガスは料理をするときにも使いますが、その使用量は夏でも冬でもそれほど変わりがなく、冬に使用量を上げているのは圧倒的に風呂やシャワーの使用です。冬の風呂のガス使用量を減らす方策はいくつかあり、列挙すると、家族が連続で入浴してバス内のお湯の温度を下げないようにする、風呂の残り湯は次の日も持ち越して継ぎ足す、などや、機器の面ではバスを温度が下がりにくい魔法瓶タイプに変更する、風呂フタをより保温性の良いものにするなどが挙げられます。

しかしこれには限度があり、よりガス料金を下げる方法を考えると、プロパンガスを使用している家庭でしたらガス料金が安い会社に変更することです。現在さまざまな光熱費の比較サイトがあり、何が適正価格なのかが判断できる環境になっています。住んでいる地域によって適正価格があり、それよりも高いか安いかは容易に分るようになっており、すぐにでもガス会社を変更することができる持ち家一戸建てにお住まいの方は有効な方法です。

設備的に可能であれば半分の価格と言われる都市ガスに変更することも検討する価値があると言えます。ガス料金は会社独自の判断で価格が設定されています。問い合わせるとガスボンベの周辺機器のレンタル料金が均等割りで含まれていると言われることもあるかもしれません。しかし何年もそれが含まれているとは考えにくく、ある一定の時期からはレンタル料金と言われる部分の料金は下げられるはずです。従って長年現在の所にお住まいの方は、現在の料金が既に適正価格でないこともありますので、このことだけでも問い合わせてみる価値があると考えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *