ガス料金だけでなく、生活は比較と選択の連続

日々の生活の中で、老若男女万人に必要なものというのはそう多くありません。

まずは衣食住ですが、それに伴うのがライフラインです。電気ガス水道、これらは一つでも欠けるととても生活しづらくなるのは言うまでもありません。最近はオール電化の住居も多くなってきましたが、もちろんガスの使用がなくなったわけではありません。そしてガスは都市ガスとプロパンガスとありガス料金も異なってきます。そのガス料金を比較すると、プロパンガスの方が高くなっていますが、災害などの際に復帰が早いのがプロパンガスの方ではあるので、デメリットだけとはいえません。

とはいえ、ガス料金だけでなく、光熱費は少しでも安く抑えたいものです。水道代は自由化されていないのでどうしようもありませんが、ガスと電気は自由化されています。ガス会社が電気を、電力会社がガスをというだけでなく、石油会社や通信関係会社なども参入しています。なので、今は消費者側がガス料と金電気料金を比較して、自分の生活に合ったものを選ぶ事が可能というわけです。

こういった比較は光熱費や通信費だけでなく、買い物でも無意識に行っているといえますし、食品から家電まで、色々な商品の価格を比較するサイトもあります。私たちは日々の暮らしの中で、意識的であれ無意識であれ、色々な場所で様々なものを比較し、そして選択をしています。ならばそれらを意識的に行うようにして、少しでも快適な生活を送る方が利口といえるのではないでしょうか。まずは、生きる為のライフラインでそれを行ってみるのも良いかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *