ガス料金が高くなったら見直し

引越してからガス料金が高くなったという体験をしたことがある人はいるはずです。

使用するガスの量は毎月同じというわけにはいきません。シャワーを浴びる時間がほんの少し変わったとしても、普通人は気づかないです。夏はお風呂に入らなかったのが、冬になってお風呂に入るようになったのなら、ガス料金が大きく変化してもおかしなことはありません。しかし、特に使用するガスの量が大きく増えたわけでもないのに料金が大幅に高くなっていたら見直ししましょう。

考えられる一番の理由は、それまで都市ガスだったのが引越し先ではプロパンガスというパターンです。一人暮らしの人なら月々のガス代は夏なら3、000円程度、冬なら8、000円程度が平均ではないでしょうか。もちろん人によって差はあります。これがプロパンガスだと、夏なら6、000円程度、冬なら16、000円程度になります。約2倍になるということですね。プロパンは民間の会社が営業していますので、会社によって料金は異なります。

賃貸アパートやマンションに住んでいる場合、引越した後になってガス料金を見直しても遅いです。なぜなら、どこのプロパン会社と契約するかは大家さんが決めることだからです。賃貸探しの段階で都市ガスなのかプロパンなのかしっかりと確認しておかなくてはいけません。賃貸の場合、2年契約となっていることが多いので、見直しをするなら2年程度は住んだ後になるでしょう。さすがにガス料金を節約するためだけにすぐに引越しをしたのでは本末転倒です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *