厨房機器の買取額が高くなりやすい時期

物の売買にはその時々の相場が少なからず絡んで来る物ですが、これは厨房機器買取という業界においても全く同じことが言えます。

業界に関係する仕事をしていない人は今ひとつイメージしづらいこととなりますが、厨房機器には売れる時期と売れない時期があるのです。売れない時期に買取を依頼したとしてもそれは業者にとって売れない商品の仕入れを頼まれたようなものですから、そこで付く査定額は期待できるものではありません。よって厨房機器の買取額が高くなりやすいのは「売れる時期」なのですが、これに該当するのが夏なのです。ではどうして夏になると売れる時期になるのか、それは厨房機器、特にどのような飲食店にでもある冷蔵庫や製氷機といった冷え物機器は基本的に夏に壊れるものだからなのです。

やや専門的な話にはなりますが、先にあげた冷え物機器は機械の中に冷媒ガスを封入して循環させることで冷却を行っています。そのために凝縮器という細いパイプに金属の板が大量に取り付けられた部品が冷蔵庫や製氷機に取り付けてあるのですが、この凝縮器は外気温が涼しいほど効率的に動作するものです。しかし夏となると外気温が高くなるためにその動作の効率が低下してしまい、それによって冷蔵庫や製氷機は慢性的にオーバーワークを求められる状態になってしまいます。

そして機械は概して長時間激しい動作を行っていた方が壊れやすくなりますから、夏場になると冷蔵庫や製氷機は壊れやすくなり、そして壊れてしまった以上は買い換えなくてはならない、買い換えるにしてもお金はあまり出せないということで買い取られてきた中古厨房機器に白羽の矢が立ち、「どうせ買うならせっかくだしこれも一緒に」などの形で他の機器も買われやすくわけです。もちろん夏以外でも買取をしてもらうこと自体はできますが、高価買取を目指すのならば夏か、それよりも少し前の春の終わり頃を狙い目としましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *